特定非営利活動法人 ゆめのたまごプロジェクト

〒910-0273 福井県坂井市丸岡町長畝70-6

TEL:090-5170-0464

​E-Mail:info@yumenotamago.org

  • Facebook
  • Instagram

© 2015 ゆめのたまごプロジェクト

働く事と生活する事

2016/01/14

 

今日の福井県は、朝からみぞれ混じりの冷たい雨が降っていて、とても寒い日となってます。

そんな中、役場の福祉課に行ってきました。

卒業後の施設利用に対し、福祉サービスの利用申請をするためです。
聞き取りと私の質問で約2時間かかりました(笑)


娘は療育手帳のA1の判定です。
地域によっては呼び方が違うらしいですね。


今、卒業を間近に控えた娘には出来る事がたくさんある。
生活介護の利用ばかりを意識して、今まで寄り添ってきましたが、就労移行支援や就労継続支援の利用や一般就労も考えてみたり…


今の法律では、一般就労をすると、自分で生活が出来るとみなされ、利用出来なくなる福祉サービスがある。


働く事と生活する事は、別問題だと思うのですが…
本人は実習で行き慣れた施設が嫌ではないので、そこを利用するんだと思っているんだろうけど…
もちろん、本人の意思が1番!だとは思いますが、出来れば一般企業に就職し、一般的なお給料を貰い、自分らしく余暇も楽しみながら生きていって欲しいと思ってしまいます。
親のエゴですね…


障害があっても働ける職場。
障害があっても出来る仕事。
障害のある方に対して理解のある社員さんや経営者がいる企業。
ジョブコーチ。


いろんな物が増えていき、障害があっても沢山の選択肢がある世の中になるといいですね。

 


【用語の説明】


・療育手帳…療育手帳(りょういくてちょう)とは、知的障害者に都道府県知事(政令指定都市にあってはその長)が発行する障害者手帳。


・生活介護…常時介護を要する障害者を対象に、昼間、介護等を行うとともに、創作的活動または生産活動の機会を提供します。


・就労移行支援…障害者総合支援法(旧障害者自立支援法)に定められた就労支援事業の一つ。企業などへの一般就労を希望し、知識・能力の向上、実習、職場探し等を通じて適性にあった職場への就労が見込まれる65歳未満の人に対して、事業所内での作業訓練や、企業等での職場実習、就職後の職場定着支援などを行う。


・就労継続支援…通常の事業所に雇用されることが困難な障害者につき,就労の機会を提供するとともに,生産活動その他の活動の機会の提供を通じて,その知識及び能力の向上のために必要な訓練を行う事業の事を言います。雇用契約を結び利用する「A型」と、雇用契約を結ばないで利用する「B型」の2種類があります。


・ジョブコーチ…障害者の就労に当たり、出来ることと出来ないことを事業所に伝達するなど、障害者が円滑に就労できるように、職場内外の支援環境を整える者を指す。